行動を促す

あきらめない目標設定の作り方

私は前職が営業マンでした。
来る日も来る日も
ノルマ達成に追われていました。

 

目標は半期目標でした。
前期4-9月、後期10-3月

 

残り2か月ぐらいになると
その目標が達成しそうか、しないかが
分かります。

 

単純に4か月終わって
進行率67%達成していれば
何とか達成範囲

 

しかし、現実は
期末の買い控えが
あるため

 

70%くらい進行していないと
達成安全圏内では
ありませんでした。

 

そうすると
残り2か月もあるのに
諦めてしまう期が出てきます。

諦め

諦め

そうならないように
管理職は叱咤激励
時には脅しながら(笑い)

 

そのような苦労しなくても
最後まで諦めない
目標設定があります。

 

それが
「成長目標」設定です。

 

成果目標は
環境や、他者要因で
達成できないことがあります。

 

しかし、成長目標は
100%自己責任で
達成できます。

 

そもそも
目標設定の
最大の目的は

 

成果目標達成では
ありません。

 

これに異議のある経営者の方は
あると思います。

 

当然です!

 

会社は成果があって
成り立ちます。

 

成果すなわち売り上げがあって
社員に給与も払えるし
会社も存続します。

 

しかし、その売り上げ
その期だけ達成するだけで
良いですか?

 

未来永劫、達成し続けてこそ
会社は存続できます。

 

ならば、
未来永劫存続するために
必要なことがありませんか?

 

それが
「社員の成長」です。

 

昨日より今日
今日より明日
社員が成長することにより

 

より大きな目標が
達成します。

 

更には
数値目標だけでは
後半諦めてしまう社員が出てきますが

 

「成長目標」であれば
翌期に向かって、
達成し続けることが出来ます。

 

しかし、「成長目標」だけでは
今度は管理職、社長が
イライラしてしまいます。

 

なぜなら
成長はしていても
成果が出ないことがあるからです。

 

そこで、この
「成果目標」と「成長目標」の
ミックスした目標が効果的です。

 

始めは7:3ぐらいで
始めると良いと思います。

 

しかし、慣れてくればその比率を
5:5、3:7にしていくと良いです。

 

え!

え!

え!

7:3のままで良いじゃないか!

 

そう思われるかもしれません

 

しかし、
繰り返してお聞きします。

 

あなたの会社は
その期だけ売り上げ目標達成
しているだけで良いですか?

 

未来永劫に
達成し続けたくありませんか?

 

だったら、
社員の成長を促すことが
最優先しませんか?

 

「社員の成長」なくして
「会社の成長」はありません。

 

その為に社員教育は
会社存続の重要課題

 

私共ACTASは
その未来のための
「社員の成長」をお手伝いする会社です。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【10月31日】感情にフォーカスしたコーチングセミナー(Points of You®体験会)
【11月7日】Talent Focus®詳細解説セミナー
【11月9日】Talent Focus®プラクティショナー養成講座
【11月12日】自分と相手の特性を活かしあうセミナー
【11月16日】Hello Points ワークショップ(Points of YouRExplorer養成講座)
【11月22日】Talent Focus®詳細解説セミナー
【11月25日】カードを使ったコーチング体験会
【11月28日】可能性を探る(Points of You体験会)

今度のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 孫
  2. 見た目
  3. 吉村知事
  4. 透明マスク
  5. 国家安全法
  6. 都知事選スタート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 主観的
  2. 嬉しい
  3. 批判
  4. チーム
  5. ポケコン
PAGE TOP