行動目標

成果目標設定時には行動目標も加えると良いわけ

行動目標とは
成果目標を達成するために
起こす行動を目標にしたものです。

成果目標は
とても
シンプルです。

「売り上げ目標1億円」

数値化されやすいため
達成基準も
達成率も明確です。

であれば
「行動目標」は
要らない?

以前,
私は
営業職でした。

成果目標だけの時は
達成できたときは
良いのですが、

期によっては
途中で
目標達成が到底無理なときがあります。

その時は
成果目標だけでは
諦めてしまいます。

しかし、
そこに
「行動目標」があると

せめて
その「行動目標」だけでも
達成しようと

モチベーションを
保つことが出来ます。👍

モチベーション

モチベーション

また、
成果目標は
市場環境等で

どうにも
コントロール出来ない場合には
行き詰まってしまいます。

一方「行動目標」では
100%自分が
コントロール出来るはずです。

また、
その目標は
成果を出すための

いわば、具体的な
行動(対策)ですから

まだ、始まった
直後でも
自分のやるべき事が明確になり

大きな成果目標に対し
当面の目に見える
目標ともなり

先ずは
やるべき行動を
取ろうとするため

効率的に
成果目標を
達成するサポートにもなります。

以前の会社では
当初「成果目標」が
100%でした。

あるとき
「行動目標」が
導入されました。

その時は
その評価基準のウエイトは
9:1で

行動目標の
ウエイトは
10%でした。

しかし、
この「行動目標」の
効果が認められ

最終的には
30%ほどに
比重になったことを覚えてきます。

やはり営業は
成果目標が
なんと言っても大切です。

しかし、
その為にこそ
「行動目標」も大切です。

また
「成長目標」
なんてのもあります。

「リーダーシップ力の向上」

自己の成長を
目標に掲げる目標です。

長い目で見ると
営業や管理職として
スキルアップしてこそ

会社の期待に
応えられるものですので、
こうした目標も意義があります。

これは
いわば会社としての
メッセージにもなります。

目標の中に
成長も組み込まれれば
長期に継続して

自己成長を
意識して
行動することが出来ます。

成果を出すためには
目標設定は
欠かせません。

そこに
「成果目標」だけではなく
「行動目標」「成長目標」も加え

有機的・立体的に
モチベーションアップに
繋げていきましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【8月10日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【8月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月29日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【8月30日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 双方向
  2. 聴く
  3. コーチング
  4. 釣り
  5. 未完了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 質問
  2. 日本の夏
  3. 希望
  4. ビジョン
PAGE TOP