自己観察

自分の感情を上手に対処するには先ずは〇〇をする

自分の感情に対し
上手く対処できる人は
自分を良く知っています。

 

つまり自己観察が
冷静にできている人です。

 

自己観察と
言うと自分を
変えようとしたり

 

自分んを
責めたりする人が
います。

 

そうではなく

 

批判や判断を
加えずただ
観察してください。

 

自己観察により

 

自分の思考、感情
強み、弱み
価値観、想い

 

が、客観的に
見えてきます。

 

自分の事が
把握できれば

 

ゆとりが
生まれます。

ゆとり

ゆとり

このゆとりによって
外に目を向けることが
出来ます。

 

そうすると
他者も
理解できるようになります。

 

優秀なリーダーは
必ず、自己観察の時間を
意識的に持っています。

 

自己観察の習慣の
あるリーダーの
特徴です。

 

 

①自分に対しても
他人に対しても正直

 

②自分の感情の
影響を知っている

 

①自分に対しても
他人に対しても正直

虚勢を張らない

虚勢を張らない

虚勢をはらない
卑下しない

 

等身大の
自分でいられる

 

つまり
100%自己開示
出来ている状態

 

この100%自己開示

 

自分の弱いところを
出す

 

勇気がいりますが

 

虚勢は
いつかばれます。

 

正直な自分を
さらけ出すことが
できるリーダー

 

そこには
部下からの
信頼が築けます。

 

このことで余計なことに
神経をすり減らすことが
なくなります。

 

②自分の感情の
影響を知っている

影響力

影響力

人間ですから
不機嫌になったり

 

情緒的な行動を
することがあります。

 

しかし、
その状況を
内側で観察できる

 

そうすることで

 

早く自分を
落ち着かせることが
出来る

 

絶えず
自分に
問いかけてみてください

 

「今はどんな感情を
抱いている」

 

「どうしたいと
思っている」

 

「相手に
どんな感情を
持っている」

 

自己観察が
ゆとりを生み

 

感情を
マネジメント
しやすくなります。

 

静かに自分自身を
見つめてみましょう。

 

そして、
等身大の自分で
居られれば

 

ゆとりが生まれ
感情を上手く
やっていけます。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コミュニケーション
  2. ビジョン
  3. 思いもよらないアイデア
  4. Feedback
  5. 面談

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 吉村知事
  2. 釣り
  3. 楽しい仲間
  4. コミュニケーション
  5. アフターコロナ
PAGE TOP