何のため

人は「何」ではなく「○○」で動く!!!

優れたリーダーは
どのようにして
メンバーを動かさせているでしょうか?

色々な研究がありますが、
共通していることがあります。

それは

人は「何」ではなく
「何のため」で
動くと言うことです。

実はこれは
人それぞれなんです。

つまり
「何」に反応して
動く人もいます。

例えば
「今度千人を集める
イベントをするんだけどやる?」

千人イベント

千人イベント

さて、
あなたはこの誘いに
乗りますか?

この誘いに乗る人は
行動力があり
何か新しいこと

面白いことを
次から次に
やりたい人

しかし、
この「何」だけに
反応する人は決して多くはありません。

では、どうしたら
多くのメンバーを
動かせるか?

それが
「何にため」です。

先ほどの
千人イベントですが、

そのイベントが

「困っている人たちを救う
チャリティーイベントで
ゲストがあの大谷翔平選手なんよ」

大谷翔平

大谷翔平

こう言われたら
誰しも
手伝いたくありませんか?

何のためにとの
動機付けと
具体手的な内容が分かると

人は動きます。

これは
商売も同じ

何かお客さんに
買って貰いたいとき

一生懸命
「何」(商品の特徴や機能)だとか
「どのように」(使い勝手)を伝えて、

それで、商品のことを
知って貰ったとして

買う気までには
させられないことがあります。

それは
「何のため」が
伝わっていないからなんです。

つまり
動機付けが
必要なんです。

「こんなことに困っている
ことを解消できる」

「これがあれば
もっと便利になる」

そのような
「何のために」が
明確であると

人は動きます。

これは
脳科学でも
証明されています。

脳科学

脳科学

人の脳の外側には
大脳新皮質

内側には
大脳辺縁系があります。

こららの脳は

大脳新皮質が
合理的・分析的な
思考・言語を司ります。

大脳辺縁系が
感情を司ります。

そしてこの大脳辺縁系が
人の行動を司ります。

つまりは
人が買うか買わないかとか
動くか動かないかは

思考・言語ではなく
感情を揺さぶるかどうかで
決まるのです。

優れたリーダーは
それを本能的に
分かっています。

あなたは
その仕事が
何のためになるか伝えていますか?

それを
言語や数字だけで
説明していませんか?

感情を込め
心で伝えられてたとき
人は動くのです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【5月25日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月26日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【6月5日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月7日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【6月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【6月17日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【6月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【6月28日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 進行役
  2. リーダー
  3. 聴く
  4. 未来志向
  5. 成長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 笑顔
  2. 一人称
  3. POYセッション
  4. ギャップの明確化
  5. 願い
PAGE TOP