こちらからの提案をすんなり受け入れてもらえるために必要なこと

先日、このブログでコーチングにおいて
「提案は基本はしない」とお伝えしました。

 

コーチングにおいて提案はしても良い?(コーチング上級編)」
https://actas.blue/proposal/

 

しかし、
提案が全く悪い訳では
ありあません。

 

「提案」することで、
新たな視点や考えが
沸き起こることもあります。

ひらめく

ひらめく

また、
相手(部下)の成長のステージによっては
「提案」の方が効果的な場面もあります。

 

では、
「提案」をするときは
どのようにしたらいいかをお話します。

 

①「提案」していいか聞いてからする
②必ず、選択肢を示して「提案」する
③相手のタイプに合わせた「提案」にする

 

①「提案」していいか聞いてからする

 

訊く

訊く

コーチングの基本は
相手(クライアントさん)の
気づきを促すために行います。

 

求めている答えを
出してしまっては
気付きにはなりません。

 

必ず提案するときは

 

「ひとつ提案してもいいですか」
と断ってからにしてください。

 

このとき

 

「良いですよ」と
相手(クライアントさん)が
言ったとしてもそれをもって、

 

同意とみなさないでくださいね。

 

上司やコーチの立場の方が
この言葉を言ったとき

 

部下やクライアントさんは
受け入れざるを得ない雰囲気を
忖度してしまいます。

 

忖度

忖度

少しでも、迷いや、戸惑いを感じたら、
「提案」しないでください。

 

繰り返しですが、
「提案」はしない方が良いからです。

 

②必ず、選択肢を示して
「提案」する

選択肢を増やす

選択肢を増やす

これが「提案」するときの
ノウハウのポイントですね。

 

「あなたはこうすべきです」

 

これでは
「提案」ではなく
「指示・命令」となります。

 

また、この言い方では
「意見を押し付けられた」と感じて

 

コーチングを受けること自体を
嫌いになってしまいます。

 

あなたの「提案」を
行動に起こすかどうかは
相手(クライアントさん)が決めることです。

 

決して、あなたの「提案」を
相手(クライアントさん)の
ゴールにするよう求めないでください。

 

むしろ、「提案」は相手(クライアントさん)の
新たな行動を生む「呼び水」にする
感覚で行ってください。

 

従って、提案の後

 

「私の意見はこうだけど、
他にはどんなことが考えられる」

 

と言ったように、
相手(クライアントさん)の
意見、考えを訊きましょう。

 

③相手のタイプに合わせた「提案」にする

 

提案を受け入れやすいタイプと
受けたくないタイプがあります。

 

それはコーチングの中で感じ取ってください。

 

私が行っているTalent FocusⓇで言うと

 

「火」「土」のタイプは
「提案を受け入れやすい」タイプです。

 

でも、
この人たちでもあなたとの関係性において

 

「提案を受け入れて良い人」と
なっていて初めて受け入れてくれます。

 

「金」「水」のタイプは
自分の拘り、プライドがありますので、
提案は極力受けたくなはずです。

 

しかし、
理論的、本質的に正しい提案は
受け入れますので、

 

「提案」するときは
そこをしっかり意識してしてください

 

「木」はどんどん、
考えるタイプですので、

 

「提案」するよりは
「他に考えられることはないですか」と
聞く方が効果的です。

 

他の分類で言えば

 

「提案を受け入れやすいタイプ」;
「サポーター」「アナライザー」

 

「提案を受けれいにくいタイプ」;
「コントローラー」「プロモーター」など

 

提案はタイプを
見て行いましょう。

 

さて、「提案」好きなあなた!

 

「提案」するときは上手な
「提案」をしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 

これが私共の
キャッチフレーズ

 

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

 

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

 

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

 

【9月5日】質問の質が人生の質を変える~マインドセットラボ~
【9月7,8,14日】 Points of Youトレーナー養成講座
【9月16日】Talent Focusプラクティショナー養成講座
【9月17日】 自分らしさを見つけるセミナー(Points of YouR体験会)
【9月24日】Talent Focus詳細解説セミナー
【9月26日】ご縁会(自分らしく生きるために必要な3つの要素)
【9月28日】Point of Youエバンジェリスト養成講座

 

今度のセミナー
https://actas.blue/seminar/

 

関連記事

  1. コップ半分の水
  2. やる気
  3. 夢を叶える
  4. やる気
  5. 承認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ビジョンを描く
  2. あった~
  3. 測定
  4. 目標達成
  5. ファシリテーション
PAGE TOP